特集

トーナメント、各地でいきなり最高潮!

DAIWA勢、かく戦えり!

 桜前線の北上とともに、各団体のトーナメントもいきなり最高潮の盛り上がりを見せていますが、わがDAIWA勢もそれぞれの舞台でさまざまに存在感をアピールしています。

●橋本卓哉 3位スタート

 3月24日に土浦新港で開催されたW.B.S.第一戦において、橋本卓哉は2本2740gで帰着。全体的に超ローウェイトだったため、3位入賞いたしました。

 2年連続A.O.Y.を目指す立場として、まずまずのスタートを切ったといえましょう。釣れない試合でも何とかスコアをまとめる、一本一本拾いまくってしぶとく切り抜ける......これはA.O.Y.を獲得する上で絶対的な条件といえます。

 同組織のウェブサイトに橋本チームの戦いぶりはレポートされていますが、橋本プロはこの結果に関して「失敗した」と語っていました。というのも、プラではバリバリ見えていたものを回り方のミスで獲れる魚を逃してしまったからだといいます。

2019.4.12.1.jpg

不機嫌な表情でウェイトコールを待つ橋本プロ(PHOTO:W.B.S.)

 橋本チームの戦い方はこうでした。

とりあえず古渡でテキサスリグで1本獲った後、東浦でパートナーがシャッドでナイスサイズを獲り、3位のウェイトを確保しました。その後、霞ケ浦西浦に戻りましたが、行く先々でバッティングの嵐。かなり無駄な時間を過ごしてしまったことが後悔されたようです。

ですが、西風が吹きまくったこの日に東浦の岩盤を目指した橋本プロのタクティクスは間違っていなかったともいえます。パートナーが釣った魚ですが、ボーターがそこにバウを向けなければ獲れなかったといえ、その功績はイーブンだといえます。あの風の中では、トローリングモーター(エレキ)でボートをコントロールしなければならないボーターの釣りに対する集中力は途切れがちになってしまうからです。

 テキサスリグで貴重な1本をもたらしたのは橋本プロがコンフィデンスを持ったタックル。11チームがゼロ帰着するという過酷なゲームでは、ジャストキーパーが千金の価値を持つといえます。

2019.4.12.2.jpg

初戦3位。連続A.O.Y.を狙う上ではまずまずのスタートです

 同プロのシステムはこのようなもの。ロッド、リール、ラインなど、すべてが高度に機能したからこそ3位入賞をもたらしたといえましょう。

ROD: DAIWA ブラックレーベル プラス 681MH/MFB

REEL: DAIWA STEEZ CT SV TW

LINE: DAIWA スティーズフロロ 14lb

LURE: ホッグ系ワーム 4インチ

RIG:テキサスリグ

 来たる4月21日には早くも第2戦が! カタズを飲んで見守ることにしましょう! 

●島後英幸のTBC初戦

 4月7日、利根川で行われたTBC初戦を取材してきました。当日は快晴微風という釣りには微妙なコンディション。早い魚は一回目のハタキが終わっているというタイミングで行われたこの試合は、春特有の難解さが選手一同を苦しめまたようです。

 ポカポカ陽気でも水中はまだ冬。その中でも時間が経つにつれ水温が徐々に上がって来るという状況は、臨機応変な対応が求められるものでした。

 そうしたコンディションでDAIWAチームの島後英幸は新装なったタトゥーラ・ラッピングのボートで試合に臨みました。

2019.4.12.3.jpg2019.4.12.4.jpg2019.4.12.5.jpg

前日完成したばかりというタトゥーラ・ラッピング。存在感も抜群でした

 メインに指名した作戦はプラでいい魚を獲ったスピナーベイティング。これにシャッドを加えた巻きの釣りが80%を占めたといいます。打ちの釣りは「ここぞ」というスポットに限定し、主に利根川中・下流域でゲームを進めました。

 水色に合わせて、明るめと地味目をチョイスしたというスティーズスピナーベイト3/8TWのカラーはワカサギとシルバーホワイト。

 システムは

 ROD:ブラックレーベルプラス 661MRB-G

 REEL:タトゥーラ TW 100H

 と

 ROD:ブレイゾン661MHB

 REEL:タトゥーラ TW 100H

2019.4.12.6.jpg

 ほぼ一日、この2システムで釣り続けたといいます

 このシステムに関して、島後プロは「あらためてタトゥーラのパフォーマンス、とくに軽さに感動しました」と語っていました。

 そしてブレイゾンとの組み合わせては、細身のリールシートがリールとの一体感を増し、快適なホールド性を持っているので、スピナーベイティングなどにおいては、絶妙のバランスを持っていると言及していました。

2019.4.12.7.jpg

 このロープロファイルさが抜群のホールド性を生み出している......と島後プロ

 残念ながら今回は潔く討ち死にした島後プロですが、次回以降はきっとやってくれるでしょう。期待しましょう。

2019.4.12.8.jpg

 「こんなにいいタックルがありながら」と試合後、ガックシの島後プロ

●JBトップ50の結果は?

 一方、奈良県の七色ダムで4月5日から7日までの三日間開催されたJBトップ50初戦においては、藤田京弥プロが6位入賞、「今回はいままでで一番調子がいい。普通に行けば勝ち負けの勝負が出来る」と試合前に語っていた川口プロは19位、鈴木プロが28位,泉和摩プロが29位、篠塚プロが33位、茂手木祥吾プロが43位という結果でした。

 藤田プロの戦いぶりにつきましたは、いずれご紹介する予定です。

2019.4.12.10.jpg (PHOTO:JBNBC)

特集1

DAIWAブース

空前の盛り上がり!!

 2019 The Keep Cast

 3月9,10日の二日間、ポートメッセなごやで開催された「名古屋ルアーフィッシングフェスティバル」The Keep Castは今年も大盛況でした。二日間の来場者数は19,296名、前年より1000名の増加ということでした。(主催者発表)

2019.3.22.1.jpg

 振り返ってみればこのイベントは2011年に「名古屋バスフェスタ」としてスタート、当初はバス専門のショーでしたが2014年にソルト、トラウト等が加わり、ルアーフィッシング全般のThe Keep Castとなりました。ですからKeep Cast としては今年で6回目ということになります。

 その規模は年々拡大し、各ブースはそれぞれ過去最高の盛り上がりを見せていましたが、中でも強烈に存在感をアピールしていたのがDAIWAブース。土曜日の開場から日曜日の閉幕まで、終始,人の波が絶えないほどでした。とくに家族連れが多かったことが目につきましたね。いいことです。

2019.3.22.2.jpg2019.3.22.3.jpg

常に人波が絶えないDAIWAブースでした

 DAIWAブースにおいては、展示されたタックルが来場者の耳目を集めていたのはいうまでもありませんが、プロ達との距離が横浜や大阪のフィッシングショーとは違い、非常に近いものがあったようで、多くの来場者はDAIWAプロたちとの交流をいろいろなカタチで実現していました。

2019.3.22.4.jpg

橋本卓哉プロのサインは貴重・・・なのだそうです

2019.3.22.42.jpg

誰からも愛されるキャラの内山幸也プロも最高のノリでファンサービスに汗を流していました

 また、トークショーも比較的カジュアルで、乗りのいい名古屋のファンに絶大に受けていました。

2019.3.22.5.jpg

お馴染みSLPカルテットのジャンケン大会

2019.3.22.6.jpg

「大御所」二人のトークショーはさすがに凄みがありました

 こうしてThe Keep Cast も終わったいま、いよいよシーズン・イン。すでにトーナメントも始まっています。これからはその方面のレポートも随時行っていきますので、乞うご期待!

特集2

いきなり話題騒然、タトゥーラTW100シリーズ

Phase2 内山幸也プロの場合......

●汎用性はピカ一

 前回、タトゥーラTW100シリーズのインプレを二人の琵琶湖ガイド、三宅貴浩と島後英幸両氏に伺ってレポートいたしましたが、今回は関東バージョンということで、このリールをいたく気に入っている内山幸也プロにお話を伺いました。

 一見、チャラいようにみえる同プロですが、実はリールに関する薀蓄は誰にも負けないものがあります。いうまでもなく関東の釣りにも精通しており、リールのインプレを語ってもらうにはベストな人材といえます。

 電話の向こうで内山プロはいつものようにハイテンションで語ってくれました。

 「いやー、いいっスよ、このリール。コンパクトでロープロファイル、そしてナローですから手の中にスッポリ入る。ナイスな感じで納まります。だから例えばワイヤーベイトなどを巻いている時、しっかりとホールドできる。タイトに握れる。だから軽く楽に巻けるわけです。

 ワイヤーベイトだけでなく、14g以上の重めのルアー全般、チャターベイトなどもいい感じで巻けますね。

2019.3.22.7.jpg

「いやー、いいっスよ、このリール」といきなり語り出した内山プロ

 他にもクランクベイトや重めのヘビキャロなども高度にこなします。もちろんテキサスなどのワームもいいですよ。要するに汎用性があるんです。 

 SVが必要な釣り以外は全部OKといっても過言ではないです。バイブレーションなどの重いルアーを遠投するときは飛距離の出やすいTATULAを使います。釣りの幅を広げるためにもこうした重目のルアーに対応したリールが必要になってきますね。ラインもたくさん巻けるので、安心です。

 釣りが簡単になるので、どちらかといえば初・中級者に向いています。ゼロアジャスターが搭載されているので、無駄にブレーキを触らなくてもいい。設定も楽です。

 そんな意味では気配りが効いているリールといえますね。いってみればオールマイティー&ベーシックという感じです。文句の付け所がありません」

●最高に気に入っているデザイン

 「それより僕が一番いいたいのは、そのカッコ良さです。最高じゃないですか?  マットブラックの外観、渋い! 実に渋いです。とにかく見た目は大事ですよ。手にするだけで気分をハイにさせてくれる。そんな外観です。そもそも、カッコ良くないリールは使いたくないじゃないですか! 

 私もオシャレ番長といわれている男です。アピアランスは譲れません。

 ですからどんなロッドにも合う。組み合わせのバランスがいいんです。見ていても全然飽きません。

 最近のアングラーは感性でリールを選ぶような面もあるので、そんな意味ではこのリールはファッション性でも完璧ですね」

2019.3.22.8.jpg

「このリール、カッコイイ」と内山プロも惚れまくり

 と一気に語ってくれた内山プロ。まさに「らしい」語り口といえますが、タトゥーラTW100シリーズの特長をしっかり表現していますね。サスガです。