特集1

ここが違う!

スティーズ ネコストレートだけが持つ類まれなクワセ能力

 この世に登場して以来すでに数年、バスアングラーの間で超定番ストレートワームとして完全に定着した感のあるスティーズ ネコストレート(以下ネコストレート)。オカッパリでもトーナメントでも揺るぎない実績を残しています。この6月には5色のニューカラーが加わり、ますます幅広く使えるようになりました。

 星の数ほどあるストレートワームの中で、なぜネコストレートだけが釣れるのか!?  一見同じようにみえるストレートワームだけに、その差は容易にはわかりにくいといえますが、使いこなしたプロにいわせると、そこには厳然たる違いがあるといいます。

 ご存知のようにこのワームを監修したのは赤羽修弥プロですが、同じDAIWAチームの川口直人プロもネコストレートで釣りまくっている一人。そこで今回は川口プロにこのワームが持つクワセの能力に関して伺ってみました。

2020.7.10.1.JPG

川口プロもネコストレートで釣りまくっている一人。そのポテンシャルは十分理解しています

 取材は6月の下旬、場所は河口湖のバーミヤンと潮来マリーナの駐艇場という実に奇妙な取り合わせ。7月からは桧原湖に遠征する予定の同プロでしたが、6月はコロナ禍のおかげで幸か不幸か時間は有り余っていましたので、2回も時間をいただくことができたのです。

●ありそうでなかったストレートワーム

 そんな川口プロにネコストレートに関した質問を投げかけると、待っていたかのように即座に答えてくれました。

 「自慢じゃないですがストレートワームのネコリグは僕の得意技。一番たくさん魚を釣っているんじゃないかな? かなり昔からこの釣りを信頼しています。例えばトーナメントのようにたくさんのプロが同じ水域で競う時や、人気のあるオカッパリフィールドのような激戦区で強い。つまり条件が厳しくなればなるほど威力を発揮してくれるまです。何年もこれで勝負してきた僕が言うのですから、間違いないですよ」 

 川口プロはまず、いかにストレートワームのネコリグがタフった状況下で強いかを語ってくれました。

 「ストレートワームのネコリグのいいところは勝負が早いことです。同じスポットを例えばダウンショットで攻めたとしても、探るスピードが違います。圧倒的に早い。しかも遅い釣りもできる。さらにリフト&フォールも使える。そしてフックがワームにダイレクトに付いているから扱いやすいというメリットもあります。

 逆にダウンショットは動きがスローな分、ゆっくり見せて釣ることができるという強みがありますけどね。

2020.7.10.2.JPG

ストレートワームのネコリグにはメリットがたくさんあります...と川口プロ

 で、ストレートワームのネコリグに関していえば、ネコストレートが最強だと思っています。世界中、どこの釣り場にも必ず持って行きます。中国でもこれで釣りました。

世の中にたくさんあるストレートワームだけど、ネコストレートみたいなのは、ありそうでなかったんですよね」

●深いリブが水を強く押す

 「他のストレートワームとの差はズバリ、リブの深さ。だから水を強く押すんです。マテリアルの力もあるけど、やっぱりこの深いリブがキモだと思います。

 だからバスに対するアピール力も強く、とくに霞ケ浦とか遠賀川などのマッディウォーターで効果的なんです。実際によく釣れています。

SteezNekoStraight_SummerClaw.jpg

この深いリブが強い水押しを産みだす。そこが他のストレートワームとの違い(川口プロ)

 リブが深いので、シェイクせずにスーッと引くだけでワームが振動します。そして水を押してくれるんです。ことさら感度がいいロッドを使わなくても、その振動は手元に伝わってきます。

 シェイクさせればワーム全体のアクションと振動がシンクロする。それがスレたバスにアピールする。だから釣れる。それが最大の違いでしょうね。

 シェイクでのヘコヘコという動きや、ボトムを叩く時やフォールでのプルプル振動などは深いリブがなくては生み出せません。リフト&フォールではほとんどフォール時にバイトがありますが、それもプルプル振動が口を使わせるのでしょう」

2020.7.10.3.JPG

シェイクによるヘコヘコアクションとプルプル微波動がバスに口を使わせる(川口プロ)

●基本的なリグは?

 「3.75、5、5.8、6.5、8.5 と5サイズありますが、僕の場合メインは5インチで、一番出番が多いです。もう少しアピールさせたい場合は5.8インチ、もっとさせたければ6.5インチ、関西の某ビッグレイクでは8.5インチなんかいいでしょう。サイズが大きくなればなるほど水押しは強くなります。

 基本的なセッティングはバザーズワームシンカーTGのネイルの0.9gか1.3g。ほぼこの二種類ですが、流れ、風、水深によってシンカーは変ってきます。

 フックはスティーズ ワームフックのSS-G FNの♯3か2ですね。これをバザーズワームチューブφ5mmでセットします」

2020.7.10.4.JPG

フックはスティーズワームフックSS-G FNの♯3がオススメ(川口プロ 写真は♯5)

ストッパーはバザーズワームチューブのφ5mm

●リールがいいから飛ぶ

 「使用リールはスティーズ AIR TW。ネコストレートのネコリグにはこれが最強です。1.3gのネイルシンカーにワームをセットした重さが約5g弱。これが気持ちよく飛んでくれますから釣りが楽です。ひと伸び違います。初速もいいからリリースポイントが多少ズレてもコントロールできます。

 ロッドはスティーズ641LXB-ST(ハーミット)。ベイトフィネス全般を高度にこなすロッドですが、やや軟らかめですから1.3gシンカーを使った軽めのネコリグなどにはベストです。

2020.7.10.5.JPG2020.7.10.6.JPG

川口プロの鉄板システム、スティーズ AIR TWにスティーズ641LXB-ST

 こうしてトータルにシステムさせれば、ネコストレートのポテンシャルも倍加します」

●シンカーホールの使い勝手も最高

 「蛇足になるかも知れませんが、シンカーホールの使い勝手も最高ですね。自分で穴を開けて差し込むタイプだと真っ直ぐ入らないし、キャストですっ飛んじゃったりする。その点、これはしっかり中に入ってくれるので飛ばないし、すぐにシンカーをチェンジできる。これは使ってみるとかなりスグレモノの機能だと感心しますよ」

2020.7.10.7.JPG

このシンカーホール、想像以上に使い勝手がいいんだよね、と川口プロも絶賛!

 と、一気に解説してくれた川口プロ。7月からは桧原湖に拠点を移して活動を開始させ、やがて再開される予定のトップ50への準備も進めるようです。期待しましょう!

2020.7.10.8.JPG

取材終了後、桧原湖タックルの準備に余念がない川口プロ

特集2

トーナメント参戦 島後プロ!

628日、利根川においてTBCの第二戦が行われました。願わくば、このまま秋のファイナルまで開催されれば嬉しいのですが...

 TBCトーナメントですが、DAIWAチームの島後英幸プロは残念ながらゼロ帰着。トップウォーターゲームを核に釣りを展開したようですが、あえなく撃沈。

写真は表彰式終了後「反省フィッシング」に出ようとする島後プロ。この負けん気がある限り、まだまだ期待できそうです。

2020.7.10.9.JPG

明るい表情で釣友と反省フィッシングにでかける島後プロ

特集

トータルタックルが切り拓く

次世代クランキング!

主役はSTEEZ SQUARE 100

監修者・赤羽修弥プロに聞く

 まだまだ気を緩めることはできませんが、コロナ禍との付き合い方も次第にコツを掴んできたような日本社会。我々の活動も徐々に自由さを取り戻しつつあります。野球やサッカー、ゴルフなどのプロスポーツにおいても、無観客などの制約の中でなんとかゲームを開催する方向に向かっているようです。

 バストーナメントも例外ではありません。アメリカではメジャートーナメントも再開しました。日本でも手探りながらトーナメント復活のキザシが見えています。

 3月から自粛を強いられていたDAIWAチームのメンバーも「いよいよ」とばかりに気合が漲ってきたようです。

 W.B.S.プロの赤羽修弥プロもその一人。自粛期間中は膨大に膨れ上がったタックルや書籍の整理など、普段できないことを行って「その時」を待っていたようですが、ジワジワと戦闘モードに軸足を移しているようです。

 長い間待たされたトーナメントプロがこのように「その日」を待望するのは当然ですが、赤羽プロにはもう一つ大きな理由があるのです。それは最近発売になり話題を集めているクランクベイト=STEEZ SQUARE 100! 自身が監修したこのスモールクランクを早く実戦で使ってみたいという欲望に駆られているのです。

2020.6.26.1.JPG

早くこのクランクベイトを実戦投入したいという赤羽プロ

 赤羽プロといえばネコリグやテキサスリグなどの撃ちモノが得意なイメージがあり、もちろんその解釈は正しいのですが、クランクベイトなどの巻き物の釣りも非常に得意で、ルアーそのものの知識もかなり深いものがあります。

 以前、W.B.S.が主催していたオカッパリの大会に赤羽プロがゲストに呼ばれたことがありました。霞ケ浦の東浦で開催されたのですが、同プロはイベント後も菱木川で寸暇を惜しんでボックスに満載されたシャロークランクのアクションを一つ一つ確認、研究していました。「アメ物」もたくさん含まれていました。

すでに何十年もそんな行為を繰り返してきた赤羽プロですから、シャロークランクの泳ぎは何百パターンも頭に入っていることでしょう。

 そんな赤羽プロが監修したSTEEZ SQUARE 100とはどんなルアーなのか、超激戦区と言われるシャロークランクの世界で違いを見せる秘密とは何なのか?  編集部はご本人から直接お話を伺うために足立区に飛びました。

●スモールクランクはデカバスに強い

 「このクランクベイトはどんな人にも簡単に使ってもらえ、しかもよく釣れることを主眼に開発しました」

2020.6.26.2.JPG

「どんな人にも簡単に釣れるクランクベイトを目指しました」と語る赤羽プロ

 赤羽プロは現物を手に取りながら解説を始めてくれました。

 「一番の特長はキビキビした動きです。だからとくにハイプレッシャー下で効果的です。泳ぎのバランスも優れていますので、スローに引いてもしっかり水を掴んで泳いでくれ、早巻きにもバランスを崩すことはありません。

 キビキビ泳ぐ小さなクランクベイトというものは、バスがスローな時期にもよく釣れるんです。例えば今のようなアフターの時期、通常はノーシンカーなどで食わせたい時でもバスはスモールクランクにもよく反応します。

 活性が高い時期は言うまでもありません。つまり魚がディープに落ちる厳冬期以外は通年釣れるルアーといえます。霞ケ浦などを初め、全国のシャローウォーターで活躍してくれるでしょう。もちろんボート、オカッパリを問いません。

 キビキビしたアクションを生み出しているのは全体のバランスで、これは相当突き詰めました。浮力、リップの形状、角度、アイの位置、フックの大きさなどの要素をとことん追求しました。

6.26.3.JPG

障害物回避能力も含めて、泳ぎのバランスを追求した結果のスクエアーリップ

 47mmというボディサイズの中でいま言った全ての要素を解決しなければならないので、開発にはかなり苦労しました。ルアーというものは、小さくなればなるほど製作は難しくなるものです。

ですが小さなクランクベイトは不思議とデカバスに強い。だから#6というこのサイズにしては大き目のフックを搭載しています」

2020.6.26.4.JPG

♯6というフックサイズでも互いに干渉しない

2020.6.26.5.JPG

その秘密はこのテール形状

2020.6.26.6.JPG

スイミング時のフッキング率も秀逸

●飛びとアクション、その矛盾を解決したものは?

 「ハイプレッシャー下でのクランキングにおいては、ルアーの飛距離が重要になってきます。飛べばそれだけ釣れる確率は高まります。通常、飛距離を求めるとどうしても重心移動を搭載したくなります。でもそうすると肝心のアクションが犠牲になる。

重心移動は飛ぶことは飛びますが、立ち上がりがワンテンポ遅れるなどのバラツキが生じる。だからアクションを優先させると固定重心という結論に到達します。でも飛んだ方がいい。つまりアクションと飛距離は互いに矛盾する要素なのです。これは永遠の課題ともいえます。

そこでクローズアップされてくるのが優れたリール。STEEZ CT SV TW やSTEEZ AIR TWそしてALPHAS AIR TWなどの小口径スプールのリールを使うことで飛距離、アキュラシーの問題は一気に解決するのです。

6.268.jpg6.289.jpgimg_ALPHAS_AIR_TW8_6R_01.jpg

 飛ぶといっても、こうしたクランクベイトの釣りは大遠投する釣りではありません。中距離をテンポ良く撃って行く釣りです。それでも飛んだ方がいいことは間違いありません。軽く投げて飛んでくれるということは正確なスポットを撃てますし、疲れも減ります。

 そもそもSTEEZ SQUAREは小ぶりなので風の抵抗も少なく、普通のリールでもかなり飛びますが、これらのリールを使えば軽いキャストでも驚くほど飛んでくれます。こういうリールがあったからSTEEZ SQUARE 100の開発をアクション重視の方向に向けることができたのです。 

 タイトアクションを生み出す固定重心。それを飛ばしてくれるぶっ飛びリール。このように、次世代のクランキングはタックルトータルで考えるべきです」

 これからのバスフィッシングはルアーやリール、ロッドなどが互いに機能し合う総合力がモノをいう......赤羽プロはそういいたかったのでしょう。

●しつこくトレースコースを変えてみる

 赤羽プロのクランキングはとにかく基本に忠実です。常に「投げて巻く、それだけです」と解説します。トゥィッチや三角巻きなどもほとんどしません。そうした規則的な動作の繰り返しが前アタリなどの違和感を伝えてくれるのでしょう。

 つまりルアー、リール、ロッド、ラインなどの性能を100%信頼することがこの釣りの真髄、ある意味タックル任せの釣りでもあります。

 ですがアングラーに出来ることもある、いや必ず実行してほしいことがある、と赤羽プロはいいます。それは、トレースコースを変えること。この点は力説しています。

 「例えば石積みを攻める時なども、トレースコースを変えてみることが大切です。右から流したら次は左からと、大胆な変更もアリですし、細かく角度を変えて丁寧に引いてみることも効果的です。角度を少し変えただけで食ってきた経験は何度もありますから」

 「ボトムに当てれば喰う時と、そうでない時がありますからボトムタッチは状況によります。基本はロッド操作でボトムを少し掠めるぐらいですね」

●推奨タックルは?

2020.6.26.7.JPG

このタックルシステムで釣りまくる、と鼻息も荒い赤羽プロ

 赤羽プロがエースタックルとしてSTEEZ CT SV TWと組み合わせているロッドはSTEEZ 651MLRB-LM(ブリッツ)ですが、

 「新製品のBLACK LABEL LG 632MLFBも良さそうな気がします」とのこと。

 ラインはスティーズフロロの10ないし12lb。「それでも良く飛んでくれます」ということで、完璧なクランキングのシステムタックルの出来上がり。

 「8色のカラーバランスも整っているし、来たるべきシーズン開幕がますます楽しみになってくるクランクベイトです」

 赤羽プロは期待に目を輝かせながらこうまとめてくれました。