特集

藤田京弥 半端ない!

JBマスターズ第二戦に準優勝!

その入賞率は驚異的!

 7月10,11の二日間、JBマスターズ第二戦が霞ケ浦で行われ、DAIWAチームの藤田京弥が準優勝いたしました。もう当たり前のような準優勝ですが、考えてみれば大変なこと。

100人以上の名手が出場する厳しいトーナメントですから、一度だけでも入賞することは至難のワザなのに、軽々と準優勝してしまうという、しかも3月に行われた初戦の津風呂湖戦の優勝に続いての準優勝ですから、これはもう「半端ない」としか表現しようがありません。

thumbnail_2021.7.23.1.jpg

JBマスターズの初戦が優勝、第二戦が準優勝という驚異的な勝率を記録している藤田プロ(photo:JBNBC)

 ご存知のように藤田プロはトップカテゴリーのJBトップ50に於いては、初戦の遠賀川戦(4月)でも準優勝、つい先日の第三戦・北浦戦(マスターズの前週)では7位と、こちらも破竹の勢い。もう誰にも止められない感じです。

 この結果、暫定ランキングはトップ50で1位、マスターズでは1位タイということで、MLBの大谷翔平と肩を並べる二刀流アスリートといえます。

 話は前後しますが、トップ50北浦戦のプラ中だった6月26日(土)、プラ後に中京まで走って翌27日(日)、ぶっつけでJB入鹿池に出場。あっさり3位入賞してしまうという、まさに超人的な活躍。若さゆえの行動力と言えるでしょうが、誰にでもできることではありません。ていうか誰にも出来ないでしょう。まさに偉業です。その言葉が大げさには聞こえないのです。やっぱりトーナメントが好きだからでしょうね。

thumbnail_2021.7.23.2.jpg

北浦での土曜のプラを終えてそのまま走り、翌日曜日にノープラで3位。超人的な結果です(ツィッターより)

●パワーフィネスで攻め続けた霞ケ浦

 さて、話を7月のJBマスターズ霞ケ浦戦に戻しましょう。

 初日、5本3598gでトップ発進した藤田プロは二日目4本2648gを持ち込み、堂々の準優勝。トータル重量ではトップだったものの、ポイント制のため優勝できませんでした。本人も「まあまあ釣れたので優勝かも」と思ったようですが、当然でしょうね。

 そんな藤田プロが二日間釣りを繰り広げたのが霞ケ浦本湖東岸の石積みのインサイドに点在するブッシュなどのカバーにおけるいわゆるパワーフィネス。

 タトゥーラLT2500S-XH

モアザン12ブレイドEX+Si 1.2号 リーダーフロロ3.5号

サングラス:TLX015藤田京弥モデル

 などを駆使してパターンフィッシングを成立させました。

 霞ケ浦本湖東岸のそのエリアはW.B.S.トーナメントでも多くの選手が出没する名所。イナッ子やテナガエビなどの多くのベイトフィッシュが集まり、風向きによっては絶大なプロダクティヴエリアになります。ですから、いままで何度もウィニングエリアになりました。赤羽修弥プロが夏にフロッグゲームを繰り広げて入賞し、以降、フロッグが流行したという過去もありました。

thumbnail_2021.7.23.3.jpg

霞ケ浦本湖東岸でパワーフィネスを展開する藤田プロ(ツィッターより)

 ですが、基本的にはスピナーベイトやチャターベイトなどの巻き物、テキサスリグやノーシンカーなどの撃ちモノがメインで、PEラインを駆使したパワーフィネスを採用する選手はほぼ皆無でした。

 その事実を見ても藤田プロの非凡さが伺えますが、さらに「居るけど口を使わない」魚に対して、何かに吊るして誘いを加えるというワザを駆使したことも、既成の釣りに捕らわれない自由でオリジナルな発想を感じさせます。

 こうして準優勝を遂げた藤田プロの次戦は7月末のマスターズ河口湖戦。年間争いも含めて、ますます楽しみになりました。

 と書き終えようとしたところに、最新のニュース着弾! 7月18日に行われたJB入鹿池第2戦に於いて藤田プロは3本5370gを持ち込み、ぶっちぎりで優勝いたしました。もはや手が付けられません。

thumbnail_2021.7.23.4.jpgthumbnail_2021.7.23.5.jpg

プラは前日に数時間行ったのみ、それで優勝ですから信じられません。ここでもルビアスエアリティーが炸裂したようです(ツィッターより)

●山下尚輝プロも見せ場を作りました

 ところで前回のトップ50では山下一也プロが3位に入賞してその存在をアピールしましたが、弟の山下尚輝プロもトップ50の借りを返そうとマスターズでは見せ場を作ってくれました。

 5本2230gを持ち込み、初日5位の滑り出しには「オオっ、やるな」と目を見張ったものです。1位が藤田プロ、そして5位が山下尚輝プロですから、今回もDAIWA勢が堂々の活躍を見せてくれるのか、と期待させてくれました。

 残念ながら二日目は失速してしまいましたが、強く印象に残る戦い振りでした。

thumbnail_2021.7.23.6.jpg

(photo:JBNBC)

初日5位の滑り出しはサスガでした

 山下尚輝プロのメインエリアは二日間とも古渡。木枠の周囲に点在するカバーなどでした。水深は20cmから50cm。多くのバスを目視できたことから半分はサイト、もう半分はブラインドで狙ったとのこと。

 タックルは

 Rod:ブレイゾンS64L-ST

Reel:ルビアスエアリティーFC LT2500S-XH-QD

 Line:フィネスブレイブZ 4lb

「サイトでかけてからの急な突っ込みに対し、瞬時にバスの走りをコントロールできるルビアスエアリティーのクイックドラグに助けてもらうばかりの試合内容でした」

 とは山下尚輝プロのコメントでした。

thumbnail_2021.7.23.7.jpg

今季好調の山下尚輝プロを支えるタックル

 なお、山下尚輝プロは現在、7月末のJBマスターズ河口湖戦に向けて鋭意準備中。57cmのバスを釣ったりして好調です。藤田プロともども期待しましょう。

thumbnail_2021.7.23.8.jpg

河口湖のプラでは軽く57cmいっときました......と尚輝プロ

特集

山下一也、3位入賞!

藤田京弥、川口直人もシングルフィニッシュ!

JBトップ503戦・北浦戦レポート

●雨中の超絶タフゲーム

 7月2日(金)から4日(日)にかけての3日間、北浦・潮来マリーナを起点に開催されたJBトップ50第3戦において、DAIWAチームの山下一也プロが堂々の3位入賞、藤田京弥、川口直人両プロもそれぞれ7位9位でシングルフィニッシュするという華々しい結果をもたらしました。

thumbnail_2021.7.9.A.jpg

激タフな試合での3位入賞は立派の一言です(PHOTP:JBNBC)

 ご存知のように今回の北浦周辺の天候は3日間とも雨。2日目午後こそ雨は小止みになったものの、その代わりに爆風が吹き荒れ、結局3日間とも過酷な状況の中で行われました。

thumbnail_2021.7.9.1.jpg

今回の試合は3日間とも冷たい雨に祟られる過酷なコンディションの中で戦われました。写真は初日のフライト前(PHOTO:JBNBC)

 全体状況としては雨、増水、濁りと、釣りやすいファクターは増えたものの、その反面気温低下がもたらす水温低下が魚をスローにさせ、ただでさえ魚が薄い今回の競技エリアにおいては、魚を見つけることすら非常に困難になりました。

 試合前に24℃ほどあった水温は一気に19℃にまで下がってしまったのですから、厳しいと言わざるを得ません。

 それは釣果に如実に表れ、リミットメイカーが出たのは初日のみ。しかも3選手だけ。二日目と三日目は60名近い選手に叩かれまくった後だけに3尾がMAXという悲惨な状況でした。

 DAIWAチームのメンバーも初日から苦しい戦いを強いられました。

●初日の結果

 藤田 京弥  3尾  2934g 7位

 川口 直人  2尾  2214g 14位

 山下 一也  2尾  1958g 19位

 山下 尚輝  4尾  1564g 23位

 鈴木 隆之  1尾  1258g 30位

 泉  和摩  1尾   756g 45位

 DAIWAチームでウィイインしたプロは以上でしたが、全体のトップは5kg近い数字を叩き出したことを考えると、かなり厳しい出足だったといわざるを得ません。

thumbnail_2021.7.9.2.jpg

藤田京弥プロは2934gで7位発進とまずまず(PHOTO:JBNBC)

thumbnail_2021.7.9.3.jpg

山下尚輝プロは4尾獲って来たものの1564gで23位スタート(PHOTO:JBNBC)

thumbnail_2021.7.9.4.jpg

プラでは絶不調だったが初日になんとか1尾絞り出した泉プロ(PHOTO:JBNBC)

●二日目の結果

 山下 一也  3尾   2992g  単日1位

 泉  和摩  1尾   1270g  〃 9位

 二日目も苦戦は続きました。なんと藤田プロ、川口プロ、山下(尚)プロ、篠塚プロ、鈴木プロがノーフィッシュに終わるという波乱。

 そんな二日目に気を吐いたのは山下一也プロ。なんと59人中30人がノーフィッシで帰着するという強烈タフな中、全選手中1位のウェイトを持ち込んだのです。

thumbnail_2021.7.9.5.jpg

2日目に全選手中1位のウェイトを持ち込んだ山下一也プロ(PHOTO:JBNBC)

 この結果、4選手が最終日にコマを進めることになりました。ポイント制による暫定順位は以下の通りです。

 山下 一也  4位

 藤田 京弥  18位

 泉  和摩  24位

 川口 直人  25位 

 泉プロはしぶとく1尾1270gを持ち込み、予選通過。藤田、川口両プロはノーフィッシュだったものの、初日の「貯金」が効いてカットラインの30位以内に入りました。

thumbnail_2021.7.9.6.jpg

このキロアップが効いて泉プロは45位からジャンプアップ。最終日に進みました(PHOTO:JBNBC)

山下一也プロ以外は一見ランクを下げたようですが今回は初日二日目の合計ウェイトと最終日のウェイトを加えた総重量勝負になり、大逆転も可能なりました。

●山下一也プロ3位入賞への道筋

 最終日も朝から雨が降りしきり、おまけに寒さも加わった過酷なコンディションでフタを開けましたが、山下一也プロが単日6位の3尾1672gを持ち込み堂々の3位入賞を果たしました。

 初日2尾1958g、2日目3尾2992g、3日目3尾1672gと安定して魚を持ち込み、トータル6622gをマークしたのです。

 山下一也プロのプランは会場から下流、つまり北浦本湖の南半分、具体的には水原から神宮橋、そして外浪逆浦、常陸利根川の息栖大橋付近までをメインエリアに、80%が葦、残りが沈み物をターゲットに、それぞれタイミングを見て当てていく、というものでした。

 3日間トータルで8尾の魚を持ち込んだ山下一也プロのリグの内訳はダウンショットが2尾、ノーシンカーが1尾、あとはバックスライド系ワームで葦を攻めたものでした。

 それぞれのリグに採用したタックルは

・ダウンショット

ROD:リベリオン 641L/MLXS-ST

REEL:STEEZ type-Ⅰ

LINE:STEEZ フロロ Type- finesse 4lb

・ノーシンカー

ROD: STEEZ 661MFB-SV Werewolf

REEL:ALPHAS AIR TW 8.6L

LINE:STEEZ フロロ Type-finesse 10lb

・バックスライド

ROD:ブラックレーベル SG 671MHFB

REEL: STEEZ SV TW 1012SV-XHL

LINE:STEEZ フロロ Type-monster 14lb

これらのタックルの中でとくに山下一也プロが絶賛していたのが、バックスライドとダウンショットのロッド。

 「バックスライドに使用したブラックレーベル SG 671MHFBはティップからバットまで肉厚でしっかりしたパワーがあり、重めのワームを使っていても確実に掛けることができます。今回のアクションのキモがスイミング気味だったので、あまり繊細すぎるロッドだとバイトも分かりにくく、フッキングも決まりません。このロッドのおかげで、ガッチリ合わせて寄せることができました。

 ダウンショットに使ったリベリオン 641L/MLXS-STもシャキッとしたブランクでキビキビしたアクションを出しやすく、これもスイミング的に使ったので、ソリッドティップによるルアーあしらいは絶品でした」

3位入賞をもたらした1

 暫定4位で最終日に突入した山下一也プロですが他のプロ同様、苦戦を強いられました。朝から雨が降りしきるこの日も初日、2日目と同じようなスポットを回ったのですが、思うように釣果は伸びません。

 帰着間際の12時30分になってもライブウェルには小粒なバスが2尾のみ。推定1000g。他の選手も楽な釣りはしていないと予想できても、このウェイトでは上位入賞は望めません。

 帰着時間も迫っていたので、山下一也プロは会場近くの釜谷の石積、そのインサイドの葦を攻めていました。遅刻によるペナルティーを未然に防止するためです。

thumbnail_2021.7.9.7.jpg

会場近くの葦にスモラバを撃つ山下一也プロ

 そこで1尾でも獲れれば......とキャストを繰り返していましたが、そんなに上手くは行きません。「ラストキャストで釣れた」とはしばしば聞くウィニングストーリーですが、現実的には稀です。

 山下一也プロは最初スモラバを投げていましたが、突然ブラックレーベル SG 671MHFBにリグられていたバックス

ライド系のワームにチェンジ。

するとその2投目に待望のバイト! しっかりフッキングさせれば見事に乗りました。

 「食った! この魚は逃せない! これでお立ち台に立てるか!」

thumbnail_2021.7.9.8.jpg

帰着20分前にその魚は山下一也プロの狙い通り葦から飛び出てきてルアーに食い付いてきました

 逸る心を抑えて落ち着いて慎重にやり取りし、山下一也プロはその魚をネットに掬い入れました。

thumbnail_2021.7.9.9.jpgthumbnail_2021.7.9.10.jpg

無事にネットイン。この瞬間、山下一也プロの入賞が決まったといっていいでしょう

 「フーッ!」

大きく息をした後は思わず破顔一笑。達成感MAXの瞬間です。これだからトーナメントはやめられません。推定600gですが、今回のトーナメントではお宝です。

thumbnail_2021.7.9.11.jpgthumbnail_2021.7.9.12.jpg

帰着寸前の貴重なキーパー。山下一也プロの身体全体に達成感が漲っています

 残り10分でワンモアキヤッチを目指した山下一也プロですが、5分前にトローリングモーターを上げ、帰着に向かいました。その後の展開はJBのツイッターで公開されたように、堂々の3位入賞をもぎとったのです。実に立派といえましょう。

thumbnail_2021.7.9.13.jpg

人事を尽くして天命を待つ。帰着に向かう山下一也プロの胸中はそんな感じだったでしょう

 試合後、山下一也プロは最終日の3尾目の魚を獲った模様を以下のように語ってくれました。

 「あの魚は葦際をバックスライドで攻めて獲ったものですが、普通の釣ではありません。練習の時からピックアップまで追いかけてくる魚が多かったので、それをどう食わせるか、ずっと考えていました。

 その結果考え付いた釣り方は、葦のエグレの奥に投げて、葦の先端に付いているバスに対してスイミング気味にアクションさせて口を使わせるというもの。

 狙い通りにその魚は葦際から飛び出て食ってくれました。会心の1尾です」

 実は山下一也プロ、プラではほとんどバイトはとれなかったとのこと。ですが、その時その時の状況に合わせて「当てていく」という臨機応変な釣り方でタフコンをしぶとく釣り抜け、トップ50でのお立ち台を勝ち取ったのです。

 試合後、山下一也プロは6時には高速に乗って淡路島に向かい帰路につきました。ナビが示した到着時刻は翌5日午前2時。その日は仕事だそうです。

 「でも、こういう生活に慣れていますから苦にはなりません」

 山下一也プロの3位入賞はそうしたハングリー精神がもたらしたものだといえましょう。

●大マクリを決めた藤田、川口両プロ

 2日目にともにノーフィッシュで暫定順位をそれぞれ18位、25位に落とした藤田プロ、川口プロも最終日に大マクリを決めて最終7位、9位とシングルフィニッシュいたしました。

thumbnail_2021.7.9.14.jpg最終日、蔵川ワンドの葦にクロー系ワームを撃つ藤田プロ。矢板のインサイドの葦際をロングアプローチで攻め、2尾のキロアップを獲り7位まで順位を押し上げました

thumbnail_2021.7.9.15.jpg(PHOTO: JBNBC)

 川口プロは単日2位の2396gを持ち込み、24位から一気に9位にジャンプアップ。藤田プロも単日4位の2226gをマークして18位から7位まで順位を押し上げ、無観客試合だった最終日のウェイインを大いに盛り上げました。

thumbnail_2021.7.9.16.jpg最終日の朝一、外浪逆浦のカバーを攻める川口プロ。

thumbnail_2021.7.9.17.jpg(PHOTO: JBNBC)

この日は単日2位のウェイトを持ち込み、25位から一気に9位まで登り詰めました。

こうしてJBトップ50第3戦は話題も豊富に終わりました。山下一也プロが試合後に「こういうご時世に試合が出来るだけで幸せです」と語っていたように、成績が出なかった選手も含めて、全選手がバストーナメントを闘い抜いた感動に浸っていました。

 雨の中、懸命に闘った全選手の健闘を心から称えたいと思います。

thumbnail_2021.7.9.18.jpg

今回、カメラ艇をお願いしたW.B.S.の松村寛プロ。なんと藤田プロと同じレインスーツを着用しています