特集

タトゥーラと共に闘う男、

島後英幸のトーナメントライフ。

 10月6日、利根川で行われたTBCトーナメント第3戦で、DAIWAチームの島後英幸プロは今年の試合日程を終えました。これで2年間のTBC参戦が終了したわけです。

第3戦が最終戦となったのは、7月に行われる予定だった試合が台風の為に延期されたためです。

 その前の試合・第5戦が行われたのが9月29日。従って一週置いた6日に事実上の最終戦が行われたというわけです。

2019.10.11.1.jpg

これが島後プロのボート。「利根川のタトゥーラ使い」といわれているのも理解できます

 そのスケジュールは琵琶湖からTBCに参戦している島後選手にとっては過酷なもの。同選手は琵琶湖往復のロスを考慮して迷わず利根川滞在を決めました。

 第5戦のプラ初日が9月26日、そこから試合を挟んで10月6日まで、トータル11間連続で利根川に滞在したのです。しかも車中泊。そして川に浮かび続けました。凪の日ばかりではありません。荒れた日も雨の日もロッドを振り続けたのです。同プロのハングリーさが伺える事実です。

2019.10.11.2.jpg

島後プロは11日間利根川に滞在して川に浮かんでいました

 なぜそこまでして利根川にこだわるのか?

 「それはアングラーとして私を成長させてくれるからです。慣れた琵琶湖と違い、利根川では浮かぶ度に新しい発見があります。バス釣りがどんどん楽しくなるんです」

 島後プロはこう語ります。将来的にはW.B.S.参戦も視野に入れているようですが、現在は「石の上にも3年」のことわざ通り、最低でももう1年は頑張るようです。

 10月6日の試合は3本2734gで11位。2年目とはいえ利根川はアウェイの選手にとっては悪くない結果といえます。

 「プラクティスは無駄ではありませんでした。エリアは当初のプラン通り上流です。試合当日は少し修正も加えて巻きより打ちに絞ってテキサスとノーシンカーで釣り切りました。ミスもあったんですが、今後の課題として取り組んでいきます」。

10月6日夕方、島後プロは片付けを行いながらこう振り返ってくれました。知らないことだらけの利根川の状況も徐々に分かって来たようです。「もう少し利根川のことをよく知りたい」......そう語る島後プロの気持ちも分かります。

 今回のアルティメットでは、10月1日、そんな島後プロのプラに同船して釣りを見せてもらい、様々なお話を伺ってきました。

2019.10.11.3.jpg

一人黙々とボートを降ろす。孤独な作業ですが、アングラーとしての上昇志向がある限り、苦にはなりません

 島後プロは9月29日の試合が終わった後、優勝者のパターンと自分のパターンを確認するために翌30日から利根川に浮いたと言います。いわゆる反省フィッシングです。「負けた試合から学ぶことは多い」と10月1日も同じような流れでボートを出しました。

 優勝者のパターンはスイムジグとジャークベイト。一方、島後プロのパターンはやはりスイムジグとシャッドテールのノーシンカー、そしてスティーズホッグのテキサスリグでした。

 試合翌日は5本5kgオーバーを叩き出し、自分のプランが間違っていなかったことを確認できましたが「反省点としては人が多すぎた有望スポットで釣り方を絞り過ぎ、ミスも出てしまいました。釣りの幅がなかったことがわかりました。お立ち台の可能性もあっただけに残念です」

この悔しさが島後プロを練習にかきたてるのでしょう。

2019.10.11.4.jpg

第5戦の翌日の反省フィッシングではスティーズ・カバーチャターなどで5本5kg以上を叩き出しました

 10月1日6時出船。スロープを出た島後プロはバウを上流に向けます。

 「前回の試合では上流がキーになりました。次も同じだと思います。ですから今日ももう一度上流をチェックしてみます。さらにいいスポットを見つけることができればいいですけどね」

2019.10.11.5.jpg

「負けた試合から学ぶことは少なくありません」と反復練習に明け暮れる島後プロ

こうして若草大橋の上のブッシュから釣り始めます。スイムジグをブッシュの奥にスキッピングで送り込みます。島後プロの釣りを近くで見るのは初めてでしたが、キャスティングのうまさには驚きました。左右両手投げでスキッピングをビシビシ決めます。利き腕は右手ということですが、左手投げも利き腕のようで違和感はまったくありません。ボートポジションと狙うスポットの位置関係で左右の手を使い分けます。

 琵琶湖のオープンウォーターではこのテクニックは必要ないはずです。逆に、利根川ではこうした技術がないと釣りになりません。

2019.10.11.6.jpg

島後プロのスキッピングテクニックは驚異的で、カバーの奥の奥、さらにその奥にルアーが滑り込んでいきます

 「リールがいいからこうしたカバーにも入れることができるんですよ。タトゥーラならこうしたスキッピングも簡単です。軽いからブレも少ないです。SVだけでなくTWでも全然問題ないですよ。メカニカルも締めていません。それでスキッピングできるんですから、今のリールはすごいですねー」

 次々にスキッピングを決めながら島後プロは語ってくれました。ボートのラッピングを見てもわかるように、島後プロはタトゥーラ愛に溢れています。

 ちなみに島後プロはラッピングが傷つくのを恐れるあまり、ルアーがカバーにスタックしても、ボートを近づけずに外そうとさえします。

2019.10.11.7.jpg

島後プロは完璧な両刀使い。右でも左でもまったく同じようにキャストします

 ちなみにこの日、島後プロがメインに使ったタックルシステムは

●シャッドテール・ノーシンカー用

ROD:ブレイゾン641MB(ショートキャストでスポットに入れやすい)

REEL:タトゥーラSV TW RCS90mmハンドル

LINE:モンスターブレイブZ 16lb

●スイムジグ用

ROD:ブレイゾン661MHB(シングルフックのフッキング、カバーから抜き出す必要性を考慮してパワー重視でチョイス)

REEL:タトゥーラ TW 100H

LINE:モンスターブレイブZ 16lb

●テキサス用

ROD:ブレイゾン721HB(カバーの上からリグを落とし込むチョーチン釣りに向いた長さ)

REEL:タトゥーラ TW 100SH

LINE: モンスターブレイブZ 20lb

2019.10.11.8.jpg

(上から)テキサスリグ用、ノーシンカー用、スイムジグ用

 「今回はタトゥーラで勝ちたかったんですけどねー」

 島後プロにとって、タトゥーラは頼れる武器です。全幅の信頼を寄せています。だからこそキャストの精度が出るのでしょう。

 途中、ガストネードの70SもSV TWで投げましたが、気持ちよく飛んでいきます。一瞬、ロッドに重さが伝わりましたが、バレてしまいました。

2019.10.11.9.jpg

タトゥーラなら5.5gのガストネード70sも気持ちよく飛んでいきますよ

 島後プロは試合の反省をしながら利根川を釣り上がって行きましたが、小貝川との合流点を過ぎ「航路を知っている上限まで来ました。未開の地は楽しいですね」

 と新しいエリアの開拓も忘れてはいません。そして下りながらエレキで水中堤防を確認。

 「時間がかかりますけど、こうした行為も大切なプラの一つです」 

 こうして島後プロはところどころで魚の存在を確認しながらバイトだけをとって行き、太陽の光が斜めに射すようになった頃、ノーシンカーで軽く一本のナイスサイズを釣って見せてくれました。

2019.10.11.10.jpg

「プラだからといってフックオフさせてばかりではつまらないでしょう」と終盤で釣って見せてくれたナイスバス

 「今日は状況もずいぶん変わってタフでしたが、貴重な収穫を得ることができました。具体的に魚の存在を確認できたことが大きいですね。次の試合では流れと水位、そして水温かキーファクターとなるでしょう。川は冷たい水が一気に入って来ますからね」

 こうして島後プロはロッドを置きました。そして10月5日の午前中までプラを続け、6日の試合を迎えたというわけです。

 今回の同船取材では、釣果以上に島後プロのアングラーとしてのピュアな姿勢とハングリーな心意気に感銘を受けました。その努力は来期のTBCトーナメントで花開くことでしょう。

2019.10.11.11.jpg

「石の上にも3年」。島後プロの利根川研究はさらに続きます

次号予告!

次号はトーナメント特集号として

JBトップ50最終戦

W.B.S.オープン

H-1グランプリ最終戦

をレポートいたします。お楽しみにっ!

特集1

W.B.S.最終戦

橋本卓哉3位、草深幸範4位入賞!

2019.9.27.1.jpg

9月14日、5時30分、橋本プロの戦いは静かに始まりました

9月14,15の両日、土浦新港を起点に行われた2019年W.B.S.ブロトーナメント最終戦において、DAIWAチームの橋本卓哉、草深幸範はそれぞれ3位、4位に入賞いたしました。

2019.9.27.2.jpg

3位の橋本チーム。笑顔でカメラマンのリクエストに応じていましたが・・・(写真W.B.S.)

両日とも曇りから晴れ、そして微風という穏やかな天候に恵まれましたが、台風の影響による増水が徐々に下がりかかっている微妙なコンディションが各チームを苦しめました。

そんな中、橋本チームは初日1660gというビッグフィッシュを含む5本6460gという破壊的なスコアをマークして周囲の度肝を抜きました。

2019.9.27.3.jpg

初日のビッグフィッシュ賞に輝いた1660gを高々と差し上げる橋本プロ(写真W.B.S.)

ルアーは,スティーズスピナーベイト。北浦上流の各ワンドをチェックしてプラで掴んだキッカーパターンを実践。狙い通りにキロアップを連発しました。

二日目は北浦でJBチャプターが行われるため、霞ケ浦本湖に舞台を移し、苦しみ抜いた挙句2本1385gを持ち込み、3位に入賞いたしました。

二日間導入したタックルは

Tackle 1(ビッグフィッシュ賞)

ROD: ダイワ エアエッジ 701MH-B ST

REEL: ダイワ スティーズSV TW SLPW セミオーダー8.1

LINE: スティーズ フロロ 14lb

LURE:ギル系ワーム

RIG テキサスリグ

Tackle2

ROD: ダイワ ブラックレーベル プラス 661MRB-G

REEL: ダイワ スティーズSV TW SLPW セミオーダー8.1

LINE: ダイワ モンスターブレイブZ 14lb

LURE: スティーズスピナーベイト

一方、今年絶不調の草深幸範は二日間、霞ケ浦本湖の石田、田村周辺を徹底チェック。ジグのスイミングというパターンをハメて、初日5本4550g、二日目3本2285gとまとめて、久々にお立ち台の人となりました。

2019.9.27.4.jpg

最後の最後で絶不調から脱した草深プロ(写真W.B.S.)

この結果、草深プロはパートナーのPOY(パートナー・オブ・ザ・イヤー)獲得を助けたのです。W.B.S.のチームトーナメントらしさが出た結果といえましょう。

草深プロのジグスイミングのキモはジグの重さに応じてラインの太さを変えたこと。それをカバーの濃さや水深によって使い分けました。

「この時期はジグのスイミングがとても効果的なんですよ」とシーズナルパターンを熟知した同プロの作戦勝ちともいえましょう。

具体的なタックルは

Tackle1

ROD:スティーズ 681MMHFB-SV ブラックジャック

REEL:スティーズ SV TW 7.1:1

LINE: スティーズフロロ タイプモンスター 14lb

LURE:パワーフィネスジグSS 4.7g(チューンド)

Tackle2

ROD: BLX SG 681MH/MFB

REEL:スティーズ CT SV TW 700XHL

LINE: スティーズフロロ タイプモンスター 14lb

LURE:カバージグSS 6g

Tackle3

ROD: ブラックレーベル+6101MHFB

REEL: SS SV 8.1L

LINE: スティーズフロロ タイプモンスター 16lb

LURE:カバージグSS 10g

2019.9.27.5.jpg

上から

カバージグSS 10g用

BL+6101MHFB+ SS SV 8.1L (SLPチューン)+スティーズフロロ タイプモンスター 16lb.

パワーフィネスジグSS 4.7g用

スティーズ ブラックジャック 681MMHFB +スティーズフロロ タイプモンスター 14lb.

カバージグSS 6g用

BLX SG 681MH/MFB +スティーズCT SV TW 700XHL+スティーズフロロ タイプモンスター 14lb.

(写真:草深プロ)

2019.9.27.6.jpg

最終戦でお立ち台に立った結果は、確実に来期につながると思われます(写真W.B.S.)

●衝撃のクライマックス

と、橋本プロの3位入賞をサラっとレポートいたしましたが、実はことはそう単純ではありません。語り尽せないドラマがあったのです。

というのも、最終戦の初日を終えてA.O.Y.レースの暫定トップに立った橋本プロは2年連続の栄冠にリーチをかけており、二日目は勝負の日でした。

しかし結果は前述のとおり2本1385gで、暫定2位に付けていた小田島選手に逆転されてしまいました。同時に最終戦の優勝も自らの手から滑り落ちてしまったのです。これはまさに大事件です。

それではその「瞬間」を振り返ってみましょう。

橋本チームのトレーラーウェイインは最後でした。すでに小田島選手がA.O.Y.の暫定トップ席に座り、石橋・佐藤チームが最終戦の暫定トップ席で結果を待っていました。

そこへ橋本チームがやってきたのです。

観衆は橋本チームの優勝、そして橋本選手のA.O.Y.獲得を信じて疑わずに見守っていました。

しかし、ウェイインを待っている間に小田島選手や石橋チームのウェイトを聞いた橋本選手は、その時点ですべてを悟っていたのです。

そしてライブウェルから取り出した魚は2本。観衆のため息とともにビッグタイトルが去って行きました。

2019.9.27.7.jpg

橋本プロがライブウェルから取り出した魚は2本。その瞬間、土浦新港に激震が走りました(写真W.B.S.)

MCのウェイトコールを聞いた橋本選手は小田島選手に手を差し伸べ、同選手のA.O.Y.を祝福しました。

2019.9.27.8.jpg

自らのウェイトを確認して、さすがに落胆する橋本プロ(写真W.B.S.)

2019.9.27.9.jpg

それでも小田島プロに祝福の手を差し出す橋本プロ。ノーサイドの精神はバストーナメントにもあるのです(写真W.B.S.)

結果が全てといわれる競技の世界ですが、橋本プロのこうした潔さは「負けてなお強し」という印象をギャラリーに与えました。その姿はプロとして十分尊敬に値します。

釣りがウマイだけでは立派なプロとはいえません。互いに死力を尽くした相手を称える広い心が見るものを感動させるのです。

●捲土重来

これは「けんどちょうらい」と読みます。意味は一度敗れたり失敗したりした者が、再び勢いを盛り返して巻き返すこと。橋本選手はいま、捲土重来に燃えています。見据える先は、いうまでもなくバサー・オールスタークラシック。

「今年の集大成ですから、W.B.S.の借りはキッチリ返してもらいますよ。とくにこの一、二年は狙った魚が獲れるようになりました。オールスターは3本リミットなので、スピナーベイトのようなキッカーが釣れる強い釣りで勝ちを狙いたいです」

最終戦が終わって数日後、落ち着きを取り戻した頃を見計らって連絡を入れてみたら、こう答えてくれました。少し悔しさも残っているようでしたが、気持ちは10月のオールスターに向けて切り替えているようでした。

オールスターに出場するDAIWAチームとともに、橋本選手の「捲土重来」に期待しましょう。

2019.9.27.10.jpg

グラチャンにゲスト参加した川村光大郎も相変わらず大人気でした

2019.9.27.11.jpg

そして赤羽プロも最後の戦いを精一杯釣り切りました(写真W.B.S.)

特集2

三村和弘の関西便り

JB生野銀山湖レポート

皆さんこんにちは。スピナベ馬鹿一代三村和弘です。

今回はJB生野銀山湖最終戦の模様を!

この生野銀山湖ですが、その昔は日本記録が出たリザーバーです。その後も数々の大会が行われており、関西では有名な釣り場です。

しかしこの生野銀山湖ですが今や、デスレイク!激タフレイクとして名高いリザーバーとなってしまいました。

そんな変態ばかりが集まる試合で私は今回、48人参加中12位で終了です。それもぎりぎりの25センチ、198g、1本。

36人がノーフィッシュで終了。まさにデスレイク?

2019.9.27.12.jpeg

この魚で12位フィニッシュ! タックルに助けられましたワ

ホンマに試合当日も狙い目に魚が薄く、水がクリアすぎ4mくらいならボトム丸見えエリアもたくさんありました。

魚が少ない、バイトも1回?2回?そんな試合になりました。

でも自分を信じて、自信のあるタックルで挑むしかありません。100%の自信あるタックルでやりきるしかありません。

たった、1回のバイトでした。たったの25センチ198gでしたが、今回はまさにDのタックルに助けられました。

●タックル

ROD:スティーズ ファイヤーフォーク

REEL: イグジストLT 2500S-C

LINE: フィネスブレイブZ 3ポンド

HOOK: スティーズ ワームフックSSFN3

SINKER:バサーズワームシンカーTGフック1.8g

LURE: 3.1インチシャッド系ワーム

OTHERS: 偏光グラス TLX005

おまけ

2019.9.27.13.jpg

先日、小平のHMKL事務所を訪問したら、「これがスティーズ フレックスジグですよ、ンーフフフ」と泉プロは見せてくれました