特集1

青木唯、ジャパンスーパーバスクラシックを圧勝!!

2022年はトータル11勝!!

その大記録を支えたモノは?! 

 去る11月5、6の2日間、山梨県の河口湖において、選ばれた者だけが出場できるジャパンスーパーバスクラシックが開催されました。結果は皆さまご存知のようにDAIWAチームの青木唯プロが1日目8,780g、2日目6,020gを持ち込み、トータル14,800gという破壊的なスコアを叩き出し圧勝いたしました。ちなみに準優勝は藤田京弥プロ。つまりDAIWAチームのワンツーフィニッシュというわけです。

2022.11.25.1.jpg

スーパーバスクラシックで11勝目を挙げた青木プロ。その勢いは凄まじいものでした

 

 こう書くと余裕の勝利のような印象を持たれるかと思いますが、青木プロの戦いは今回もギリギリの綱渡りだったようです。1日目こそ目星を付けていた魚を順調に獲ってハイスコアをマークしたものの、それらを釣り切ってしまった2日目は魚を探しながらラン&ガンする釣りに終始しました。 

 以前このアルティメットでもご紹介したように、青木プロのサイトフィッシングは、魚を見つけたら数投して食わなければ早目に見切りをつけ、新たなターゲットを探すという効率最優先のスタイル。それが今年一年、好結果を残してきた秘訣でしたが、今大会2日目はその釣りが思うようにいきませんでした。

 しかし、帰着9分前に2,500gの3本目を釣って優勝をもぎ取りました。この執念の1本ともいえる魚を獲れたのは、あくまでもネイティヴにこだわった結果で、2日間トータル14,800gというスコアは現在の河口湖としては恐らくMAXだと思われます。

 この結果には準優勝の藤田京弥プロも「スゴイ」と感心していました。 

 青木プロ本人も「最後の最後にキッカーが釣れるという、滅茶苦茶ドラマチックな展開でシビれました」と語っていました。スコアをまとめにいかず、あくまでもビッグバス狙いに徹したその戦い振りは見事というしかありません。

 これで今季の青木選手の勝利数は11! 空前の記録です。

 

  • ノーミスを支えてくれたクイックドラグ 

 11月のある日、トーナメントシーズンが終わっても相変わらず毎日釣り場に出ている青木プロに、DAIWAのタックルが今年の成績にどうコミットしたのか、伺ってみました。 

 すると青木選手は滑らかな口調で答えてくれました。

「やっぱりクイックドラグが搭載されたスピニングリールの働きは絶大でした。今季の優勝は河口湖が8割以上で、その全てに貢献してくれました。とくにミドストで掛けた魚はすべて獲ることができました。ノーミスです。1本もミスしなかったんです。しかもバスは全部デカかった。これは凄いことです。

 楽に勝っていたように見える今年の試合ですが、実はいつもリミットギリギリでした。ですから、1本でもミスしていたらどの試合も優勝はありませんでした」

 ここまで一気に語り、一息ついてから青木プロは続けてくれました。

thumbnail_2022.11.25.2.jpg

スーパーバスクラシック1日目、8,780gというビッグウェイトで首位に立った青木プロ。「クイックドラグのおかげでノーミスでした」

 

「そもそもミドストはバレる危険性が高い釣りなんです。シングルフックでもバレやすいのにプラグはトリプルフックですから、余計にバレやすい。原因はラインブレイクではありません。スティーズフロロX'LINKの4lb.を使っていますので、まず切れることはありません。フックが伸ばされてバレるんです。

 なんといっても相手はデカバスです。そんなバスに急に突っ込まれると、スムースにドラグが出ないとかなりの確率でフックを伸ばされます。しかも大きなバスだとフックの先端しか掛からないケースが多く、テコの原理でよりフックが曲がりやすい」

 青木プロの描写は実に説得力があります。

「そんな危険性があるデカバスを全部獲ることが出来た。これはもう魚の突っ込みを瞬時にいなしてくれたクイックドラグのおかげとしかいえません。

 クイックドラグ搭載のリールを使う前は、事前に大体のドラグ調整を行って使っていました。そしてファイト中にドラグに触ることなどほとんどなかったんです。しかしクイックドラグが搭載されたリールならファイトしながら瞬時に調整できる。これはズバリ武器です。

 確かに最初は慣れるまで少し時間がかかりました。でも使いこなしてからはキャッチ率は格段に上がりました。これナシでは僕のスピニングの釣りは考えられません」

 そして青木プロは最後に、こうまとめてくれました。

「今年の河口湖の好成績はクイックドラグのおかげです。間違いありません

 

  • 「ジリオンを初めて使った瞬間、全部これに替えたいと思った」 

 青木プロはベイトキャスティングリールに関しても言及してくれました。マスターズの三瀬谷戦、野尻湖戦で優勝した時などは、ジリオンSV TW XHが活躍したのです。

JBマスターズ野尻湖戦のウイニングタックル。ジリオンも勝利に貢献しました 

「ジリオンはよく飛ぶリールですが、僕の釣りには飛距離はあまり関係ありません。それよりSV BOOSTのブレーキが画期的でした。初めてこのリールを使った時、全部これに替えたいと思ったほどです。

 ダイヤル調整で簡単にセットでき、あとはマグネットが自動的にブレーキを効かせてくれる。最初に設定しておけば、あとはそんなに気を遣わなくてもキャストが決まってくれます。

 バックラッシュの心配もないからストレスなく釣りができる。ですから野尻湖や霞ヶ浦で楽に釣りができました。

 このリールも僕の好成績に貢献してくれたと思います」 

 こう語ってくれた青木プロ。ちなみに最近はベイトキャスティングリール使用時も、ファイト中にドラグを緩めたりすることがあるといいます。

「それもアリだなと思うようになりました」 

 こうして常に新しい技術を身に付けようと努力している青木プロ。飽くなき追求を続けているからこそ、年間11勝などというとてつもない記録を作ることが出来たのでしょう。この先も大いに楽しみな青木プロです。

 

特集2

橋本卓哉、

W.B.S.クラシック準優勝!!

 

 W.B.S.年間ランキング上位12名で争われるクラシックは11月19、20の両日、お馴染みの土浦新港を起点に行われました。今回で30回目を迎えたこの大会、優勝は30歳の若手、袖山敦志選手でしたが、準優勝はDAIWAチームの橋本プロ。その差わずか420gでした。実に惜しい結果といえます。

2022.11.25.4.jpg

準優勝のコールを受ける橋本プロ。やり切った感が伺えるポーズです

 

 というのも橋本プロは今年、W.B.S.のA.O.Y.に輝いており、クラシックを勝てばW.B.S.の歴史の中で数少ないA.O.Y.、クラシック同時獲得という「グランドスラマー」の栄誉に輝いたからです。

 ですが同プロは「しょうがないですね」とサバサバと語っていました。

 今回のゲームも少し前に行われたBasserオールスタークラシック同様、極めてタフな状況に襲われ、リミットメイクは両日ゼロ、優勝者の総釣果も4本という結果でした。

 しかし、そんなことは先刻ご承知の橋本プロはしたたかな戦略を立て、1日目1本と出遅れたものの2日目は2本のキロアップを持ち込み、準優勝に輝いたのです。

2022.11.25.5.jpg

A.O.Y.とクラシック準優勝。今年の橋本選手は「突き抜けた」印象を与えます

 

「全体的に釣れていないので2日目に4kg釣ってくれば望みはある」と読んだ橋本プロは最初、オールスターで釣った夜越川に行きました。しかし水が悪くすぐにUターン、セカンダリースポットの東浦・園部川まで走りました。グッドサイズが複数釣れるという川です。

「ここで釣れなければ諦める」と言うほど自信がある川で、その期待は裏切られることはありませんでした。前述のように2日目のビッグフィッシュ賞に輝いた1,375gを含む2本の魚を獲ったのです。

2022.11.25.6.jpg

これが2日目のビッグフィッシュ賞を獲得した1,375g

 

 もう1本獲れば優勝でしたが、「その1本が難しいんですよ」と同プロは試合後に言及していました。 

 橋本プロが園部川で投入したリグはギル系ワーム+ウェイテッドフック。7gと一見重めですが、スパイラルフォールするのでゆっくり落ちていくのが特徴です。それをアシのエグレやストラクチャーに絡めてフォールさせ、バイトを待つわけですが、橋本プロは「そんな釣りにこのロッドが最高なんですよ」とSTEEZ C70H-SV・ST   FURYを見せてくれました。

thumbnail_2022.11.25.7.jpg

バイトを「聞く」ことができるFURYが準優勝のキーだった、と語る橋本プロ

 

「ワームがボトムやストラクチャーの何かに引っ掛かった時、『聞く』ことがこの釣りの最大のキモなんです。バイトか単なる引っ掛かりか分かりませんから、とにかく『聞く』んです。でもそんな時にワームがプルンと外れると、もしそこにバスが居たら違和感を与えてしまいます。その点、このロッドはティップがソリッドなので、引っ掛かっても外れずに我慢してくれるんです。アタリが分かりにくい時がある釣りなので、とにかく『聞く』。それができるのがこのロッドなんです」 

橋本プロのタックルは以下のとおり。

ROD: STEEZ C70H-SV・ST   FURY

REEL:ジリオン SV TW

SPOOL:SLPW RCSB SV BOOST 1000S G1

LINE:スティーズフロロ X'LINK 14lb.

SINKER:STEEZ ウェイテッドフックSS #5/0 (1/4oz)

 

「最近、練習を重ねていくうちに試合運びの『コツ』のようなものを掴んだので調子がいいんです。来年も行けると思いますよ」

 橋本選手は試合後、こう語っていました。期待したいと思います。

 ちなみに同じDAIWAチームの草深幸範プロは4位でした。

2022.11.25.8.jpg

2日目にナイスサイズを持ち込んだ草深選手は4位

特集

バサー・オールスタークラシック

清水盛三、悲願の初優勝!!

橋本卓哉は5位入賞!!

 

thumbnail_2022.11.11.1.jpg

清水プロ、初優勝の瞬間

 

 10月29,30日の両日、水の郷さわらで行われた第34回バサー・オールスタークラシックは、3年振りの有観客開催ということで空前の盛り上がりを見せました。とくに日曜日はオールスターを待望していた観客が早朝から多数詰めかけ、夕方まで会場を埋め尽くしていました。二日間、最高の秋晴れに恵まれたことも寄与したようです。意外ですがオールスターの長い歴史の中で、両日ともこうした好天に恵まれたのは初だったとのことです。

 試合内容がまた非常にエキサイティングで、デジタルウェイイン方式が初採用され、一時はその効果が危ぶまれていたものの、以前にも増して感動的な幕切れを演じてくれました。

 ゲームに関しては後述させていただくとして、このようなビッグイベントに対して弊社としても万全の態勢でファンサービスに務めさせていただきました。

thumbnail_2022.11.11.2.jpg

日曜日の早朝にはすでに長打の列。DAIWAブースは常に大盛況でした

 

ご存知のようにオールスターは選手がスタートしてからは、各ブースでのイベントが目玉となります。その規模は年々大きくなり、今ではフィッシングショー並みの熱さ。ですから、むしろそちらを目当てに会場に足を運ぶ人も多いようです。家族連れも多く、その意味ではバスフィッシングの底辺拡大にも一役買ってくれているといえます。

thumbnail_2022.11.11.3.jpg

DAIWAのメインステージでのイベントは終始、大盛り上がりでした

 弊社もそのような来場者に向けて新製品展示を初めとして様々な企画を展開して対応させていただきました。コテコテのバスフリークからエンジョイ派のアングラーまで、様々な人々に満足していただけるような内容を揃えたのです。

thumbnail_2022.11.11.4.jpg

注目度MAXだった本邦初公開のスティーズAⅡTW

 

 こうしたアトラクションを支えたのが勢揃いしたDAIWAスタッフ。コロナのおかげでダイレクトにファンと接することが少なかったこの数年間だけに、ここぞとばかりコミュニケーションを図っていました。みんなの生き生きとした表情が印象的でした。

thumbnail_2022.11.11.5.jpg

試投会場で頑張る宮嶋プロ

thumbnail_2022.11.11.6.jpg

握手攻め、サイン攻めに遭うコータローとオリキン

thumbnail_2022.11.11.7.jpg

マジメなフィッシングトークも得意な小池プロ

 

  • 「いつも通りの釣り」で優勝を勝ち取った清水選手!! 

 清水盛三プロのウィニングストーリーに関しては、皆さますでにご承知でしょう。とくに最終日はライブカメラが同船したので、どこでどんな釣りをしたのか赤裸々に表現されていました。そして後半には手に汗握るドラマも。ご覧になられた方もたくさんいらっしゃったことでしょう。

thumbnail_2022.11.11.8.jpg

2日目の帰着直後の清水プロ。3本目をバラしたことで少し意気消沈気味。「負けたかも知れん」とこの時はかなりトーンダウンしていました

 清水プロが指名したエリアは二日間とも利根川。そこでクランクベイト、スピナーベイトをメインに、ジグ・テキサスを織り交ぜるという釣りを繰り広げました。

 そう、「いつもの釣り」です。その釣りで初日は3本獲ってダントツトップ。ちなみに初日のリミットメイカーはわずか二人。そのうちの一人というわけです。二日目は順調に2本獲った後、優勝を決定付ける3本目を掛けましたがフックアウト。しかしトータルスコアでは唯一の5kg超えを果たし、優勝を勝ち取りました。

 清水プロはどんな時、どんな場所でも巻きの釣りをメインに組み立てます。晩秋だからではありません。春でも夏でも清水選手はマイスタイルを通します。

以前、このアルティメットでも6月に同選手のオカッパリを取材させてもらいましたが、釣りの内容は同じでした。記者が「ノーシンカーなどは投げないのですか?」と聞いても「投げません」の一言。一日巻き物とテキサスで釣り切りました。それほどのこだわりがあるのです。

thumbnail_2022.11.11.9.jpg

クランク、スピナベ、ジグにこだわる清水プロ。過去のオカッパリの取材でも同様でした

 

 その理由は、アメリカのトーナメント生活が長かったこともあります。確かに広大なエリアが舞台のアメリカのトーナメントにおいては、スピーディーな釣りが求められます。オールスターにも同じことが言えます。

 しかし、それは二義的な理由でしかありません。最大の理由は清水プロには巻き物の方が釣れるという確信があるからです。日本の野池なども例外ではありません。それはご自身の経験から来ているようです。ですからオールスターでも迷わず自分の釣りを徹底させたのです。

 といってもスローなワームの釣りを否定しているわけではありません。それはそれで認めつつも、清水プロはマイスタイルで勝ちたいという美学のようなものにこだわっているのです。

thumbnail_2022.11.11.10.jpg

最後にステージにやってきた清水プロ。この時も優勝は難しいかも、と考えていたようです

 

 しかし、ライブをご覧になった方はご理解されるでしょうが、その釣りは実に丁寧です。クランクベイト一つとってみても投げて巻くだけでなく、様々なテクを駆使していました。キャストの距離や方向を変えたり、リトリーブスピードを変えたり、ルアーを止めて聞いてみたり、実にいろいろ変化を付けていました。クランクベイトもショートキャストでピンスポットを撃つというもの。昔、大森貴洋プロがB.A.S.S.クラシックを勝った時と同じような接近戦でした。

 その釣り方はまさに「フィネスな巻き物」といえるでしょう。早い釣りを展開しながら、なんとかバスに口を使わせようと細かく工夫していたのです。まさに「盛三スタイル」と呼ぶにふさわしいと言えましょう。

 清水プロはジリオンSV TWを使用していましたが、「軽くて楽に扱えるから巻き疲れがない。だから巻き物でも精細な釣りができる。前アタリなどがわかりますからね」と語っていました。

そしてキモはギア比でした。清水プロはクランクベイトにはギア比5.5:1、スピナーベイトには6.3:1というように、それぞれ通常より1ランクローギアを選択していました。その理由はいうまでもなく、ルアーをより丁寧に扱うためです。こうした細かなセッティングも今回の勝利に結びついたと言えましょう。

 試合後、清水プロは「いつも通りの釣りで勝てたのが最高に嬉しい」と語っていました。

 清水プロの勝利は、巻き物が持つポテンシャルを改めて印象付けたと言え、そんな意味でも画期的だと言えましょう。

 久しぶりの有観客オールスターでの勝利は、人々の記憶に長く残るものでしょう。

thumbnail_2022.11.11.11.jpg

優勝が決まった瞬間、清水プロはまだ確信が持てないようでした 

thumbnail_2022.11.11.12.jpg

しかし次の瞬間、清水プロは歓喜に震えたのです

自分流を貫いて勝ち取った初優勝! 清水プロ、本当におめでとうございました。

  • 橋本卓哉は5位入賞!

 DAIWAチームからはもう一人お立ち台に立った男がいました。橋本卓哉プロです。オールスターでは初出場で初優勝するなど、大舞台に強いだけに事前から大きな注目を集めていましたが、期待に違わぬ結果を出してくれました。

thumbnail_2022.11.11.13.jpg

2日目、橋本プロは2本の魚をライブウェルにキープして帰着しました

 

 1日目、片道2時間かけて小野川上流に行き、狙い通りテキサスリグで2kg近い魚を獲りまずまずのスタート。2日目は霞ヶ浦本湖・古渡の水路で勝負をかけるもノーバイト。そこで夜越川(ステージでは梶無川と語っていましたが正しくは夜越川)に向かい、先行者が流した後というハンデを跳ね返し、スピナーベイトで2本の魚を獲り、5位に入賞いたしました。

thumbnail_2022.11.11.14.jpg

ファンにねぎらいの言葉をかけられると、橋本プロは爽やかな笑顔を見せました

 

 多くの選手が苦しみ抜いたタフさの中、こうして貴重な魚を絞り出すことができたのは日頃の熱心な練習の賜物。そしてそれぞれのリグにベストなタックルセッティングを極めた結果といえましょう。

thumbnail_2022.11.11.15.jpg

成績発表直前の橋本プロ。この時はまだ「7位か8位ぐらいかな」と思っていたようです

 

ちなみに橋本選手のタックルは

テキサスには

ROD :STEEZ C68M+ーSV・AGS  BLACKJACK

REEL:STEEZ CT SV TW 700XHL

LINE:STEEZ X'LINK 14lb

スピナーベイトには

ROD :リベリオン 661MRB-G
REEL:SLPWORKS STEEZ SV TW 1016 SV-HL
LINE:STEEZ モンスターブレイブ14lb

LURE:STEEZ スピナーベイト

というものでした。

 橋本プロの5位入賞で、DAIWAチームからはベスト5に二人の選手が入るという立派な成績を残してくれました。心からその健闘を称えたいと思います。

 

  • 存在感に溢れたDAIWAチームの面々

 今回は清水プロの活躍が飛び抜けていた印象があるDAIWAチームですが、他にもそれぞれが持ち味を生かしたパフォーマンスを演じてくれ、ライブ中継や最後のステージでたっぷり存在感をアピールしてくれました。

thumbnail_2022.11.11.16.jpg

奥村プロの存在感は他を圧していました。1日目、霞ヶ浦本湖東岸から2本の魚を持ち込み、周囲を「アッ」と言わせました

 

thumbnail_2022.11.11.17.jpg

1日目はノーフィッシュに終わったものの、2日目には意地の2本をウェイイン。見せ場を作った赤羽プロ

 

thumbnail_2022.11.11.18.jpg

2日目に勝負をかけて東浦に2kgフィッシュを獲りに行った藤田プロ。そのファイティングスピリットは感動的でした

 

 

特集2

速報! 驚愕のワンツーフィニッシュ

青木唯プロ、

JBスーパーバスクラシック優勝!!

藤田京弥プロは準優勝!!

 

 11月5、6日の2日間、山梨県の河口湖で開催されたJBスーパーバスクラシックにおいて、青木唯、藤田京弥両プロが優勝、準優勝するという快挙を成し遂げました。

 詳細は後日レポートさせていただく予定ですがこの二人の勢い、止まることはないようですね。

2022.11.11.19.jpg

これで今期11勝!! まさにモンスター的な勝ち方です(写真提供:鈴木将之氏)

 

特集3

第51回、霞ヶ浦クリーン大作戦 

 11月6日、霞ヶ浦総合運動公園で開催されたお馴染みのイベント、通称「53UP」。当日は最高の秋晴れに恵まれ、341名が参加して霞ヶ浦周辺の清掃活動に従事しましたが、DAIWAメンバーの赤羽修弥、川村光大郎、草深幸範、佐々木勝也らも参加して汗を流しました。参加者の皆様、たいへんお疲れ様でした。ご自分の手で綺麗にした霞ヶ浦での釣りは格別ですね! きっと素敵な釣果に恵まれることでしょう。

thumbnail_2022.11.11.20.jpg

このイベントは行政からも絶大な支持を受けているようです

thumbnail_2022.11.11.21.jpg

川村光大郎、草深幸範、佐々木勝也は一緒にゴミを拾いました